作成者別アーカイブ: yamakara

装備レンタル付き! 紅葉の沢歩き★尾の内沢ルート・日帰り

 

ここから沢に入っていきます。

 

 

 

» はじめての沢歩き 参加お申し込みはコチラ!

装備レンタル付き!フライデーYamakara初冬の燕岳

 

 初冬燕岳参加お申し込みはコチラ!

【出発日限定】装備レンタル付!霧島韓国岳&開聞岳3日間!

【屋久島発/現地合流】装備レンタル付!楠川歩道~宮之浦岳~尾之間歩道!屋久島0to0

1)海から最高峰を越えまた海へ!屋久島0to0ツアー。

海をタッチして標高0mから歴史ある楠川歩道を通り白谷雲水峡を経て縄文杉、2日目は日本百名山最南端で九州最高峰(標高1,936m)の宮之浦岳を登頂し清流ほとりの淀川小屋泊、3日目にほとんどツアー化されていない尾之間歩道を下山し蛇之口の滝を見て尾之間温泉からまた海へ。
道路や林道歩きを極力避けて0mから1936mまで山超え谷を越え歩き倒す!
かけがえのない達成感のあるツアーです。

2)屋久島ガイド・現地スタッフが協力サポート

■ガイド:満園純平(みつぞのじゅんぺい)より

屋久島ツアーの集大成ともいえる0to0ツアー!今回はポーター兼コックをメインガイドとは別にスタッフ強化して初日海~白谷雲水峡・3日目淀川登山口~海までは山泊縦走の重い荷物を預かり道路通過時にお渡しします。
また高塚小屋、淀川小屋までのシュラフ&マットの運搬付きなので日帰り装備+αくらいの軽い荷物で身軽に登山可能です。
フリーズドライだけの山ごはんではなく地元産の食材を使ったヤマメシもツアーの大きな魅力です。
本ツアーはツアーの性質上頻繁に催行できるツアーではございませんがご参加の皆様が全員踏破できるように最大限サポートさせて頂きます。
是非この機会に屋久島の全標高を歩ききってみてはいかがでしょうか?

装備レンタル付き!駒の小屋に泊まる秋の会津駒ケ岳(2133m)2日間

装備レンタル付き!九重・由布岳トレッキング3日間

【出発日限定/大沢同行】装備レンタル付!宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡!屋久島縦走4日間

1)屋久島を代表する3大スポット、宮之浦岳、縄文杉、白谷雲水峡、を小屋泊で縦走
最南端の百名山で九州最高峰(標高1,936m)の宮之浦岳、樹齢7200年といわれている縄文杉、もののけの森白谷雲水峡を小屋泊で縦走する、無駄のないとても効率のよいコースです。

2)屋久島滞在中は全て食事付

宿泊先の民宿は朝夕の食事付宿です。山中においても初日の朝・昼はお弁当をご用意し、また夕食・朝食・昼食はガイド手作りのヤマメシを堪能できます。
屋久島の地元食材を使った山のごはんは、これまでご参加いただいた方にも大好評をいただいています。

3)屋久島のことはお任せください!現地在住経験10年のガイドがご案内

4_large

■ガイド&カメラマン:大沢成二(おおさわせいじ)より

多くの人が屋久島に惹きつけられ、トレッキングに訪れる。その魅力は何だろうか?といつも考えてきた。以下はかなり個人的な体験に基づいた考察ですが、参考にしていただけるとありがたいです。

僕自身の屋久島との出合いは2003年の宮之浦登山だった。離島である屋久島に九州地方の最高峰があるというのに興味を持ったし、その山が海から2000mに届きそうな高峰だということにとても驚いた。

実際に屋久島の山を登ってみて、いつも登っている長野県の山との違いに驚いた。いや、山もそうだったが、そこに至る途中の「森」の瑞々しさに目を見張った。

そして何年か、屋久島を撮影するため島に通い、ついには住みついてガイドをしながら思ったのは、この島の山や森の姿というのは、我々の祖先が見ていた風景なのでは?ということだ。

その思いを最初に強く持ったのは、北九州にある宗像大社を訪れたときだった。そこには「高宮祭場」という古代祭場が保存されており、社殿がない時代の祈りの場がいまに伝わっている。

周囲は照葉樹の森が囲んでおり、その様は、いつも見ている屋久島の森そのものだと僕には感じられたのだ。

そんな視点を得たあとに伊勢神宮を訪れた。すると清流五十鈴川が、僕には淀川のゆるやかな流れに見えてきてしまった。

そして今度は、屋久島で、宮之浦岳の直下に立ってその頂きを仰ぎ見た時、そこが神社の境内であるかのような錯覚を感じるようになってきたのだ。

事実屋久島には、岳参りと呼ばれる山岳信仰行事が500余年の昔から現在まで継承されていて、僕の住んだ宮之浦地区は、宮之浦岳をご神山として祀っている。毎年春と秋の二回、地区の青年に混じって、僕もその岳参りを記録するため一緒に山に登ってきた。

そんな体験を通して、この島にある山や森の風景が、我々日本人の祖先が見ていた風景なのでは?という考察に思い至ったのだ。つまりこの島にある風景というのは、我々にとって「ふるさとの風景」ということになる。

僕は2017年の6月から屋久島を離れてふるさとの長野県に戻ったのだが、ふとした瞬間その風景の中にも屋久島がオーバーラップする瞬間がある。

僕にとっては屋久島は、もう一つのふるさとの風景として記憶されている。

ふるさとの風景を、僕と一緒に見に行きませんか?

【成田発ジェットスター利用】装備レンタル付!宮之浦岳~縄文杉縦走4日間(淀川~荒川口)

■屋久島のことはお任せください!現地ガイドがご案内
ガイドリーダー:満園純平(みつぞのじゅんぺい)より

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2日間で24km、避難小屋またはテント泊、寝袋も食事も全部背負わなきゃいけないし、、と、縦走はハードルが高いと思っていらしゃいませんか?
弊社ツアーなら基本的な登山装備はもちろん、縦走に必要な寝袋やマットまで、無料でレンタル可能のため、初めて縦走される方にもおすすめです。もちろん荷物は重くなりますし、アップダウンあり、行程も長く、基本的な体力と気力は必要なハードな縦走です。しかしその分、日帰り登山よりもダイナミックな風景に出逢うことができ、屋久島の自然を堪能、満喫できることは間違いありません。
行程内で許された時間を最大限に使い、できる限りゆっくりと歩きながら、皆様に屋久島の自然の凄さ、島の楽しみ方を知って頂けるように工夫しております。屋久島でお待ちしておりますので、ぜひ一緒に歩きましょう!

【羽田発JAL利用】装備レンタル付!宮之浦岳~縄文杉縦走4日間(淀川~荒川口)

■屋久島のことはお任せください!現地ガイドがご案内
ガイドリーダー:満園純平(みつぞのじゅんぺい)より

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2日間で24km、避難小屋またはテント泊、寝袋も食事も全部背負わなきゃいけないし、、と、縦走はハードルが高いと思っていらしゃいませんか?
弊社ツアーなら基本的な登山装備はもちろん、縦走に必要な寝袋やマットまで、無料でレンタル可能のため、初めて縦走される方にもおすすめです。もちろん荷物は重くなりますし、アップダウンあり、行程も長く、基本的な体力と気力は必要なハードな縦走です。しかしその分、日帰り登山よりもダイナミックな風景に出逢うことができ、屋久島の自然を堪能、満喫できることは間違いありません。
行程内で許された時間を最大限に使い、できる限りゆっくりと歩きながら、皆様に屋久島の自然の凄さ、島の楽しみ方を知って頂けるように工夫しております。屋久島でお待ちしておりますので、ぜひ一緒に歩きましょう!